資格維持のために-既存資格者/失効資格をお持ちの方へ

Citrix認定ポリシーへも記載のとおり、Virtualization資格(CCA-V, CCP-V, CCE-V資格)、Networking資格(CCA-N,CCP-N資格)、Mobility資格(CCP-M)をお持ちの方は、資格有効期間がそれぞれの取得日から3年間となっております。
このたび、早い方でその3年を迎える方が出てまいりましたので改めてお知らせさせていただきます。 対象者は過去にExam 200, Exam 300, Exam 400, Exam 250, Exam 350, Exam 370 を受験、認定資格を取得いただいた方々となります。
有効期間(3年間)の間であればいつでも、それぞれのトラックに用意される最新版の試験へ合格することで最新バージョン資格へとアップデートできます。
資格有効期間である3年間の間に、最新版の試験へ合格できなかった場合、3年の期間をもって、その資格は失効となります。
再度、有効資格を取得するためには、一から取得要件を満たす必要があります。

各認定資格に対応する最新版の試験は以下のとおりです。最新版の試験へ合格することで、3年間認定資格の有効期間が延長されます。

■Virtualization資格

■Networking資格
・CCA-N資格をお持ちの方:Exam 1Y0-253 Implementing Citrix NetScaler 10.5 for App and Desktop Solutions          
・CCP-N資格をお持ちの方:Exam 1Y0-351 Citrix NetScaler 10.5 Essentials and Networking          

■Mobility資格

NEW! コース受講による資格期限延長/再認定について

このたび、最新資格をお持ちの方、またはすでに失効してしまった方に関して、トレーニングコース受講のみでも再認定が可能となりました。再認定要件の概要については下表をご参照ください。
なお、コース受講による資格更新は、失効日前であることが条件となります。
失効済みの資格をお持ちの場合の再認定は、今回特別に期限付きで適用されます。受講期限は、2017/12/31(日本では2018/3/31予定)となります。
各資格要件の詳細は、下記各資格マップページ最下部「NEW! コース受講による資格期限延長/再認定について」部分をご参照ください。

Citrix認定資格マップ

認定要件の変更_201707

よくあるご質問:

Q: CCE-Vを持っている場合、Exam 1Y0-401試験に合格すれば、CCP-VもCCA-Vも有効期限が延長されますか?
A: 延長されるのは、合格されたCCE-Vのみです。上位資格(CCP-V,CCE-V)の期限を延長したい場合、現在CCE-V資格者であれば、Exam 201とExam 301の合格は必要なく、Exam 401のみに合格することでCCE-Vの期限は延長されます。(下位資格の試験を再度合格する必要はありません。) ただし、CCE-Vのために取得したCCA-VやCCP-Vの資格期限もともに延長されたい場合は、それぞれの試験合格が必要となります。

Q: 既存資格者に向けた差分試験はありますか?
A: 既存資格者に向けた差分試験のご用意はなく、資格期限を延長するためには新規に取得される方々と同様、新しいバージョンの試験(201,301,401)を受験し直していただく必要があります。

Q: CCA-Vの有効期限内に試験に合格できませんでした。他に持っているCCP-VやCCE-Vも期限が切れてしまいますか?
A: 他の資格の有効期限は、認定資格管理サイト(Citrix CertificationManager)内に表示されている失効日まで有効です。

Q: 最新版の試験に合格した場合、失効する日から3年間有効になりますか?
A: 最新版の試験に合格・資格取得となった日から3年間有効となります。 (例:2016年8月20日が失効期限の場合:2016年8月1日に合格・資格取得→2019年8月1日が新失効期限となります。)

Q:  資格失効日に合格しても有効期限延長にまにあいますか?
A: 資格の有効期限・取得日は、弊社認定資格管理サイト(Citrix CertificationManager)で管理されていますので、念のためサイトへの反映までに数日みていただくよう、早めに試験受験・合格をお願いします。

関連リンク:

・Citrix認定ポリシー
 

ページトップへ