CXM-202

Managing and Supporting a Mobility Solution with Citrix XenMobile(管理/サポートコース)

トレーニング検索

製品名

対象ユーザタイプ

受講方法

キーワード

概要:

このコースはCitrix XenMobile 10 Enterprise環境において、管理/サポート/トラブルシューティングに必要なスキルを提供します。XenMobileの経験が浅いまたは未経験の受講者を対象として、XenMobile Enterpriseソリューションのコンポーネントのメインテナンスへの理解する内容です。ラボ環境によるハンズオン演習へのアクセスを通して、コントローラーのインストール、ポリシーの設定とテスト、管理装置やアプリケーションの使用、トラブルシューティングの対処と報告などの基礎知識を得ることができます。 受講者はハンズオンラボ演習において、モバイルデバイス(個人または会社所有でMobile Device Managementソリューションが搭載されていない端末)を利用します。

製品:XenMobile

お知らせ:

  • 2015年7月英語リリースされました。
  • 日本人講師による日本語でのトレーニング開催決定しました!(マテリアル、演習環境は英語)
  • ・コース価格:204,000円(税別)*価格に含まれる費用:トレーニング費用のみ
    ・参加ご希望の方は、下記スケジュール欄「申込」より詳細確認の上、専用申込書をCitrix Educationサービス(cca@citrix.co.jp) または教育パートナーまでお送りください。
    申込書内Citrix トレーニングパス欄は、「CXM-202 Managing and Supporting a Mobility Solution with Citrix XenMobile」にご希望数量をご入力ください。

  • 現在のところ、本コースに関連する対応試験/資格はございません。トレーニング受講のみとなりますのでご注意ください。
    Citrix XenMobile資格取得をご検討中の方は、 CXM-303 Deploying Enterprise Mobility Solutions with Citrix XenMobileコースの受講を 推奨いたします。


  •  

    言語:英語

    対象ユーザー:
    本コースは、IT技術者、システムエンジニア、サーバー管理者ならびにXenMobile Enterprise ソリューションの管理/サポート/トラブルシューティングを担当するCitrixパートナー様を対象としています。

    受講方法:
    このコースはクラス形式で実施されます。ラボ環境によるハンズオン演習を含みます。

    コース期間:3日間

    受講前の推奨事項:
    デバイス登録とWorx演習完了のために、トレーニング受講時にはモバイル端末(iPhone, AndroidまたはWindowsデバイス)をご持参ください。お持ちいただく端末は、MDMソリューション未搭載であること、またはコース演習を行う際に削除できるものが必要となります。

    ※ご注意:Windowsデバイスは多くのソリューションの搭載やテスト設定されていることがありますので、iOSやAndroidデバイスが実施可能な演習が実施できない可能性があります。お持ちいただく端末としてはiOSデバイスを推奨します。

    このコースは、下記の概念や技術的な基礎知識を前提としています。:

    • システム管理経験 – Microsoft Windows, Active Directory, SQL Server, IIS
    • ネットワーキング – VPN, OSIレイヤー (TCP/IP, SMTP, POP3などのプロトコル含む) , ファイアウォール
    • ITセキュリティスタンダード - FIPS 140-2, PKI, SSL, SAML
    • モバイルデバイスの使用経験 – iOS, Android, Windows Phoneのいずれか

    取得できる主なスキル:
    このコースを受講することにより以下の知識やスキルが身につきます。:

      • XenMobile環境の管理運用
      • エンタープライズモビリティ管理(EMM)の概要とアーキテクチャーの理解
      • EMMの一般的な管理タスクの実施
      • XenMobile Server (XMS)コンソールを使用したエンタープライズモビリティの管理
      • デバイス登録プロセスの理解
      • モバイルアプリケーションの管理
      • エンタープライズモビリティの監視
      • XenMobile Enterpriseソリューションのトラブルシューティングおよびレポーティング
      • 以下のハンズオン演習による実地経験:
    1. デバイスポリシーの作成と展開
    2. Active Directory連携
    3. MDXアプリケーションの追加、更新、無効化、削除
    4. パスコードと制限ポリシーの構成
    5. デバイスへの証明書の展開
    6. カテゴリーとアプリケーションの追加
    7. 暗号化の有効化とその他セキュリティの設定
    8. 自動アクションの構成
    9. 準拠していないデバイスのアクセス制限
    10. APNS証明書の更新
    11. XMSの更新
    12. WorxMail / WorxWebの設定
    13. XenMobile connectivity checkの実施
    14. デバイスのロックとワイプ
    15. トラブルシューティング

    関連する項目:

    トレーニング CXM-303 Deploying Enterprise Mobility Solutions with Citrix XenMobile(構築コース)

 

ページトップへ