CXS-200-1I

Implementing Citrix XenServer Enterprise Edition 5.0

トレーニング検索

製品名

対象ユーザタイプ

受講方法

キーワード

概要:
このコースではXenServer Enterprise Edition 5.0 とXenCenterの運用と管理を学習できます。ハンズオン演習を通じ、受講者は以下のスキルを実習できます。

  • 仮想サーバのインストールと設定およびXenCenterを利用したサーバ接続
  • WindowsとLinux 仮想マシンの作成と仮想マシンのライフサイクルオペレーション管理
  • XenServerリソースプールの作成とリモートストレージへの接続
このコースの演習では、XenMotionや仮想マシン自動配置を含むXenServerの上位機能も習得できます。 ※本コース、日本人講師により日本語テキストを使用し行います。ラボ演習ではリモートラボを使用します。 ※本コースの内容・演習はセルフペースオンラインコース「CXS-201-1W」と同一になります。

製品:XenServer

お知らせ:
*本コースは2012年7月31日提供終了予定です。

*本コースは7月日程が最終回となります。
(Citrixトレーニングパスの販売は7月15日終了予定です)

言語:日本語

対象ユーザー:
ITプロフェッショナルや設計者、システムエンジニアの方、そしてCitrixパートナー技術者の方向けのコースです。

コース期間:2日間

受講前の推奨事項:
コースの前に、受講者は以下の経験またスキルを有していることを推奨します。


  • 仮想化技術に関する基本的な知識

  • ネットワークやストレージデバイス、デバイスドライバ、OSなどコンピュータアーキテクチャへの理解

  • Windows Server 2003またはWindows Server 2008のインストールと管理の基本的な経験

  • 各種Linux製品のインストールと管理の基本的な経験

  • vLAN設定を含む、ネットワークデバイスとサイトアーキテクチャに関する中級程度の知識

  • パーティション, SANs, LUNs, iSCSI,および NFS や CIFSファイル共有などストレージに関する用語およびテクノロジの基本的な知識

取得できる主なスキル:
このコースでは以下のスキルを学ぶことができます。

  • Xen ハイパーバイザーと他の仮想化の方法の違い
  • XenオープンソースプロジェクトとXenServer製品の違い
  • XenServer Enterprise Edition 5.0のインストールとCPU、ネットワーク、ストレージリソースの設定
  • XenCenter のインストール
  • 仮想マシン、テンプレートの作成
  • XenConverの使用についのて概要と説明
  • 仮想マシンのリソースとライフサイクル操作の管理
  • XenCenter の検索と分類のための検索と VM パフォーマンス統計値の確認
  • ローカルストレージとリモートストレージの設定
  • リソースプールの設定とサーバーから他のサーバーへの仮想マシンの移動
  • 高継続性の要件と障害復旧について
  • コマンドラインインターフェースの機能と用途および基本的なコマンドの実行
  • XenServer Enterprise Edition 5.0のトラブルシューティングとアップグレードのためのツールの確認

関連する項目:

試験 Exam A09 Implementing Citrix XenServer Enterprise Edition 5.0 (終了)

試験 Exam A17 Implementing Citrix XenDesktop 4 (終了)

資格 CCA for Citrix XenDesktop 4

資格 CCA for Citrix XenServer 5

 

ページトップへ