CVE-401

Engineering a Citrix Virtualization Solution(新バージョン・Exam A25対応)

トレーニング検索

製品名

対象ユーザタイプ

受講方法

キーワード

概要:
(日本未開催) 本コースでは、受講者に、Windows Server 2008環境へCitrix仮想化ソリューション一式を成功裏に導入するために要するタスクを設計および運用を効果的に行う土台を提供します。受講者は本コースを修了すると、XenServer、XenApp、Provisioning Services、XenDesktopといったCitrixの主要な仮想化技術を吸収して、エンドツーエンドの仮想化ソリューションを創出する能力を取得できます。その実践的なカリキュラムでは受講者に対して、対象環境を保護し、その環境内の異なるコンポーネントを監視し、重要なシステムをバックアップし、アプリケーションおよび仮想化サーバーの更新およびパッチの適用を実行するためのベストプラクティスを指導する訓練を実施します。

製品:総合

言語:日本語,  英語

対象ユーザー:
本コースの対象者は、サーバー、ネットワーク、システムエンジニアといったITプロフェッショナルです。システムインテグレーター、システムアドミニストレーター、アプリケーションエンジニアも、本コースの受講者として妥当です。

コース期間:5日間

受講前の推奨事項:
本コース受講にあたって次の経験を有することを推奨します。
●以下のCitrix製品の使用経験


  • Citrix XenServer 5.6以上

  • Citrix Provisioning Services 5.6以上

  • Citrix XenApp 6.0以上

  • Citrix XenDesktop 5.0以上


●以下を含むWindows Server 2008の使用経験

  • アクティブディレクトリ

  • ターミナルサービス

  • DHCP

  • DNS

  • パフォーマンスの監視

  • トラブルシューティング

  • サーバーロールを含むBase OS

  • グループポリシーオブジェクト


●Microsoft SQL Server の使用経験
●以下のコースを修了または同等の知識を有すること

取得できる主なスキル:
受講者がコース終了時に取得できるスキルは以下のとおりです。

  • XenServer ホストのストレージNIC、リソースプール、ネットワーク設定の準備
  • 対象環境のProvisioning Services 設定
  • 既存のXenApp ファームの移行および新しいXenApp サーバーのプロビジョニング
  • ユーザーパーソナライゼーション設定の管理およびCitrix Profile management
  • XenDesktop のマスター仮想デスクトップの作成
  • Access Gateway VPX の設定
  • シングルサインオンを使用したパスワードセキュリティの強化
  • Citrix EdgeSight を使用した仮想化環境の監視
  • 電源能力管理を使用した消費電力の抑制

関連する項目:

資格 CCEE for Virtualization(新バージョン・Exam A25対応)

資格 CCIA for Virtualization

試験 Exam A25 Engineering a Citrix Virtualization Solution(新バージョン・Exam A25対応) (終了)

 

ページトップへ